*
プログラム例
キャンプ1日目のスケジュール
地震の揺れ体験などを通じて災害について学び、災害前の「備えの大切さ」を実感してもらいます。
※家族で活動
時 間 内 容
9:00〜9:30 受付開始(愛知学院大学)
9:30〜9:45 ガイダンス
9:45〜10:45 防災・減災レクチャー(名古屋大学減災連携研究センター・福和伸夫教授)
10:45〜11:15 各種サバイバルプログラム体験
キャンプ地(名城公園)へ徒歩で移動・昼食など
災害時に起こりうる様々な困難に、柔軟に対応できる「サバイバル力(りょく)【人間力】」を身につけてもらいます。
※家族バラバラになって活動するプログラムがあります。
時 間 内 容
13:00〜16:45 ※家族バラバラのチーム編成で活動
各種サバイバルプログラム体験
16:45〜17:00 休憩
17:00〜19:00 ※大人と子どものチームに分かれて活動
夕食「サバイバルクッキング」
19:00〜20:00 みんなで夕食、片付け
20:00〜21:00 レクリエーション
21:00〜21:30 語り部さんのお話
21:30〜22:00 暗闇体験ゲーム
22:00〜 ★屋外で段ボールシェルターで寝ます!!
就寝

2日目のスケジュール
ハプニングが続出? 災害時の応用力を養ってもらいます。
時 間 内 容
6:00頃 起床 寝床の片づけ
6:30〜7:30 各種サバイバルプログラム体験
7:30〜8:15 朝食「配給食チャレンジ」
8:15〜8:45 各種サバイバルプログラム体験
8:45〜9:00 休憩
9:00〜11:15 ※家族バラバラのチーム編成で活動
各種サバイバルプログラム体験
11:15〜11:30 休憩
11:30〜13:30 ※家族単位のチーム編成で活動
家族対抗!ハテナマズオリエンテーリング
※これまでに各種サバイバルプログラムで学んだことに再チャレンジ
13:30〜14:00 表彰式・終わりの会・アンケート
14:00頃 現地解散

わたしたちは『備える!中日サバイバルキャンプ』を応援しています。

JA共済

トップに戻る